ZEHとは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住まいの高断熱化などによって省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次エネルギー消費量がゼロ以下となる住宅を指します。

ZEH建築への政府の方針

2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現
上記の様な目標値を設定して、国をあげて取り組んでいく事になりました。






新興建設の今後のZEH建築目標

  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
受託率 0% 15% 25% 35% 50%

具体的な普及策

【1】周知、普及活動
顧客や見込み客にDMやチラシを用いて、ZEHの勉強会への参加を促します。
完成建学会や内覧会を通じてZEHのメリットを理解いただき、促進に努めます。
【2】コストダウンの仕方
新商品開発(ZEH住宅)に合わせて仕入発注の1本化を図り、コストダウンを行います。
仕様の標準化により材料の無駄を省きます。
パッシブデザインを用いた、より効率の良い設計で建物のコストを抑えます。
【3】その他の活動
社員をZEH関連の省エネルギー勉強会に積極的に参加させます。
外皮計算。室温解析を自社で行います。